SONY α7S体験会

c0313898_2442933.jpg

c0313898_2443093.jpg
堂々とGRで撮影。

α7S、α77Ⅱ、RX100Ⅲの3機種発表会が開催され、銀座SONYビルに行って来ました。
私のお目当てはα7s。
フルサイズ、1200万画素、ISO感度40万で、且つその他機能が、現行α7シリーズからどれだけ進化しているのか、気になるところです。

結構なSONYファンの自分としては楽しみにしてました。

しかし、結論から先に申し上げると、良くわかりませんでした。
だって全然さわれてないですから。
(自分の知識不足は棚にあげときます)

8階の特設コーナーに1台しかなく、お目当てのα7sは、次から次へと可愛がられておりました。


ましてやこちら未だ片目に眼帯した半病人。
独眼竜政宗ほど、勇ましくは突っ込んでいけません(笑)


それでも何とか数分間、触ることができました。
映画館なみに暗い部屋でしたが、ISO40万‼︎は伊達じゃない。
昼間の明るさ並みに撮れてました。
肉眼より明るく撮れることに驚きながら、次の人にバトンタッチ(°_°)


他に気になったのは、コンデジのRX100Ⅲ。
●レンズは24~70mm、開放F1.8。
●ポップアップEVF内蔵。
●重厚感ある金属ボディ(290g)

ポップアップEVFはかなり小さく、本格派ではありませんが、
やはりファインダーがあるのは便利です。
特に今日のような晴天では液晶役に立ちませんし、何より、写真撮ってる気分にさせる。

8万円強の強気な価格設定も頷ける商品力だと思いました。

次のGRには、電子ビューファインダー用意してくれないかな。
(もちろん外付けOK)


最後に、プロカメラマンの魚住誠一さんのセミナー(ポートレート)を聞きました。
モデルさんとの同伴セミナーで掛け合いトークでの進行でしたが、
モデルさんの喋りがダメダメで間が持ちません。
魚住さんはさすがお口が達者です。上手くフォローしながら楽しい1時間でした。

参考になったのは、
●背景を常に考える。(単調な背景にしない)
●アップのピントはまつ毛に合わせる。(目玉ではない)
●ロケハンを事前に行い、イメージを作る。
α77Ⅱの販促セミナーでしたので、連写、AF性能ベタ褒めでした。

そんなこんなで、2時間ほどSONYビルで粘り、その後『銀ブラスナップ』となりました。


ブログ村のランキングに参加しております。
応援クリックして頂けると嬉しいです。(^^)
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
にほんブログ村
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by bronz_photo | 2014-05-25 02:44 | Camera 機材 | Comments(0)